「成長ホルモン」とは? | fearless Japan

「成長ホルモン」とは?

成長ホルモンは、脳下垂体から血液中に分泌されるホルモンで、子供のころに背を伸ばす効果がある。
10代で体内分泌量が最大になり、20歳を超えると低下する。40歳を超えると10代の5分の1から7分の1にまで減少する 。

医療先進国のアメリカをはじめ海外では、成長ホルモンは低身長の治療に積極的に用いられてい る 。プロサッカー前バルセロナのメッシ選手は下垂体性の成長ホルモン分泌不全症であった 。13歳の入団テストの時は身長143cm。体重35kgに過ぎなかった彼が、5 年後には身長170cm体重67kgまで成長した。クラブを挙げての成長ホルモンの投与、適切な食事や運動プログラムが奏功し、メッシ選手の大型化に成功したといってよい。

上記は成長過程の子供に対する効果であるが、さらに成長ホルモンは成人に対しても、容姿、体力、意欲を回復させる効果がある。
※その効果のうち、いくつかのものは成長ホルモン誘導ペプチドの効果として確認されている。

「成長ホルモンとは」
参考資料

関連商品を公式オンラインショップでみる